このページの先頭へ

お仕事のご依頼・お問い合わせ

Scheduleスケジュール

[多文化共生講演会講師]誰もが安心して暮らせる社会をめざして「共に笑う ダイバーシティ(多様性)時代の生き方」にしゃんた講演@丹波市(国際交流協会主催)[Multicultural Coexistence Speaker] Striving for a society where everyone can live with peace of mind, “Living Together: Navigating the Diversity Era with Laughter” by Dr. Nishantha, was held in Tamba City.

2023-11-24

(key words) 多文化共生の講演会講師・ダイバーシティ講演会 ・国際交流と多文化共生 / 外国人住民との共生について・外国人との共生・グローバルダイバーシティ

多文化共生講演会講師

2023年11月19日、丹波市国際交流協会の主催で11回目となる「多文化共生講演会〜誰もが安心して暮らせる社会を目指して〜」がポップアップホールにて開催されました。

こちらの集いは、地域在住の外国出身者による写真展示会、音楽などのパフォーマンスに、スピーチコンテストと盛りだくさんの模様でした。その中で講演会も開催され、(にしゃんたが)お話をさせて頂きました。講演テーマは「共に笑うダイバーシティ(多様性)時代の生き方」です。でにおいて、基調講演をさせていただきます。会場には多くの方で埋め尽くされていました。

多文化共生講演会講師

丹波市には約1200名の外国出身者が住んでおり、今回のイベントの主催者でも国際交流協会が中心となって、彼ら彼女らの日本語教育、生活相談や地域の日本人との交流の橋渡しなどなどたいへん重要な役割を果たされています。状況を見ていて、こちらの地域に住む外国出身者は幸せだなと正直に思いました。

私も今から40年近く前に日本に来て多くの方に優しく育て頂いたお陰で今があります。私は日本に来た時代にはまだバブルの余韻が残っていました。その頃は、日本の社会にも余裕があったように振り返ります。その点、最近での日本のニュースなどを通して見えてくる多文化共生に関する状況はさまざまです。平和で持続可能な社会を創造していくにはやはり弛まぬ努力が求められています。その点、今回の丹波市国際交流協会さんは良い模範でもあると考えます。

今回はたいへん貴重なご縁に恵まれましたことに感謝申し上げます。後日、講演会についての感想文を拝見いたしました。そこには次のような励みになるありがたいお言葉などががありました。ありがとうございます。引き続き精進してまいります。

多文化共生講演会講師

・本日の講演、少しですが考え方を変えてこれからの人生を過ごしたいと思いました。活動もできれば。
・興味深く温かい内容でした。
・にしゃんたさんの講演、大変おもしろく勉強になりました。
・今回の講演、わかりやすく、良かったです。
・にしゃんたさんの講演をもっと多くの市民に聴いてほしい。
 その機会を是非・・来年の「人権のつどい」などで。
・にしゃんたさんの講演、楽しく拝聴しました。中島京子さんの「やさしい猫」でスリランカの男性が肯定の時に首を振るという描写がありました。「あ、こんな感じなんだ」ととても印象に残りました。
・共笑という質を求める考えが印象に残りました。
・にしゃんたさんが言われたすみ分けという言葉がとても印象に残りました。他国の飲食店や店に入ってみたいと思いながらなかなか勇気がでない等で入ってみたことはなかったけど、一歩を踏み出すことが「共笑」となるように、一度勇気を出してみようと思いました。

多文化共生講演会講師

丹波市国際交流協会では、国際理解を深めながら豊かな人づくりのための事業を実施して、現在会員を募集しています。ぜひご参画ください。

国際交流協会繁栄と活動されておられる皆様のご健勝を心よりお祈りいたします。そして、今回たくさんの方とご縁、そしてお話をさせて頂くご縁に恵まれましたことに感謝いたします。

多文化共生講演会講師

On November 19, 2023, the 11th Multicultural Coexistence Lecture, organized by the Tanba City International Exchange Association, was held at the Pop-up Hall under the theme “Towards a Society Where Everyone Can Live Safely.”

The event featured a diverse array of activities, including a photo exhibition by foreign residents in the local community, performances such as music, a speech contest, and more. Among these activities, a lecture was held, and I (Nishantha) had the honor of speaking. The lecture’s theme was “Living in the Diversity Era with Shared Laughter.” I had the privilege of delivering the keynote address, and the venue was filled with many attendees.

Tanba City is home to approximately 1,200 foreign residents, and the International Exchange Association, the organizer of this event, plays a crucial role in providing Japanese language education, life advice, and bridging the gap for interactions with local Japanese residents. Observing the situation, I couldn’t help but feel that foreign residents living in this community are fortunate.

I, too, arrived in Japan nearly 40 years ago and owe my current circumstances to the kindness of many people. I came to Japan during a time when the echoes of the economic bubble still lingered. Looking back, there seemed to be a sense of abundance in Japanese society at that time. However, recent news and developments in Japan regarding multicultural coexistence, as seen through events like this, reveal a diverse and evolving landscape. Creating a peaceful and sustainable society requires continuous effort, and in this regard, the Tanba City International Exchange Association serves as a commendable example.

I am grateful for the valuable connection forged during this event. I have read feedback on the lecture, and the encouraging words below were particularly heartening. Thank you very much. I will continue to strive forward.

多文化共生講演会講師
  • “Today’s lecture made me want to change my perspective a little and live my life differently. If possible, I would like to get involved.”
  • “The lecture was interesting and heartwarming.”
  • “I found Nishanta-san’s lecture very interesting and educational.”
  • “This lecture was clear and good.”
  • “I hope more citizens can hear Nishanta-san’s lecture, perhaps at next year’s ‘Human Rights Gathering.'”
  • “I enjoyed Nishanta-san’s lecture. There was a description in Kyoko Nakajima’s ‘Kind Cat’ where a Sri Lankan man shakes his head affirmatively. It left a strong impression—’Ah, it’s like this.'”
  • “The idea of seeking the quality of ‘shared laughter’ left a lasting impression.”
  • “The term ‘sumiwake’ (clearing the way) that Nishanta-san mentioned is very memorable. Although I’ve always wanted to try entering foreign restaurants or shops, I never had the courage. Inspired by the idea that taking that first step can lead to ‘shared laughter,’ I am determined to muster the courage and try.”

The Tanba City International Exchange Association is currently recruiting members for its activities aimed at fostering international understanding and enriching human development. Please consider joining.

I sincerely wish good health and prosperity to everyone involved in the flourishing and activities of the International Exchange Association. I am grateful for the connections and conversations with many people during this event.

多文化共生講演会講師
多文化共生講演会講師

(This article is posted by the ”N” team , the management crew of Dr. Nishantha.)

*About us : https://nishan.jp Contacts : https://nishan.jp/contact

講演会へのご依頼・お問い合わせはこちら