このページの先頭へ

お仕事のご依頼・お問い合わせ

「違う」から楽しい。「違う(ここ)」から始めよう。

見えるちがい。
見えないちがい。

わたしたちの周りは、
ちがいに、満ちている。

わたしとあなたは、同じじゃない。
昨日と今日も、同じではない。

ちがいがあるから、面白い。
ちがいを知るから、強くなる。
ちがいを感じるから、優しくなれる。

今までの自分をこえよう。

何もしなければ、何もうまれない。
勇気と思いやりをもってその先へ。

これまでのちがいを、
これからの楽しみに。

これまでのちがいを、
これからの豊かさに。

ちがいを楽しんで、力にかえよう。

そして
共に笑おう。

にしゃんた

Tweets by @nishan_tha

nishan.japan

次世代につなぎたい、「共笑(ともえ)」の発想

私たちの周りは、多様性と変化に満ちています。
極論すれば、我々の周りには「ちがい」しかないのです。

そんな「ちがい」や新しい出会いの中で私たちは、日々生き、生かされています。共生という言葉がありますが、ただ共に生きるだけでは不十分です。
自然に任せていては理想的な共生は実現しない。

「ちがい」を受け入れ、共に笑うこと。
この“共笑(ともえ)”の発想こそ、「子育て」「教育、人づくり」「組織づくり」「まちづくり」「国づくり」などなど、全ての分野や空間の礎にする必要があるのです。