このページの先頭へ

お仕事のご依頼・お問い合わせ

Scheduleスケジュール

My Election Campaign私が立候補した理由~元外国人の選挙戦~@「映像’21」(毎日放送)× Doc Cross Asia

2021-12-18

2019年に「毎日放送」にて放送された、 「私が立候補した理由~元外国人の選挙戦~(My Election Campaign)」が国際交流基金アジアセンター主催の『Doc Cross Asia』の「DocCross Asia SELECTION」(Selected documentaries related to “multiculturalism” produced by Japanese broadcasters/Southeast Asian filmmakers.)日本各地の放送局/東南アジアで制作された「多文化共生」に関連するドキュメンタリー・セレクションに選ばれました。https://doccrossasia.jfac.jp/selection/729  

<Synopsis あらすじ>

In summer 2019, on a street in Osaka, a dark-skinned man was making a speech in fluent Kansai dialect. His name is Nishantha. Thirty-one years after he arrived in Japan from Sri Lanka, he decided to run for parliament. On a mission to shake hands with 100,000 voters, he made the rounds of all 72 of Osaka’s municipalities and hit the streets from 6AM to 11PM every day during the campaign. But in Osaka, 12 candidates were competing for just 4 seats. With his party’s approval ratings low, will Nishantha make it? We followed the battle of this foreign-born candidate to achieve his dream.

2019年、参議院選挙。大阪の街角で、ひとりの褐色の肌の男性がマイクを握っていた。流暢な関西弁で演説をする彼の名は、にしゃんた。普段は大阪の大学で教壇に立つ。スリランカから日本に来て31年目、日本社会の課題に取り組みたいという強い思いで国政への出馬を決めた。選挙戦が始まる前から10万人との握手を目標に掲げて大阪の全72市町村を歩き続けた。しかし、大阪選挙区は12人の立候補者のうち、当選枠は4人の激戦区。にしゃんたの当落はいかに?外国出身の候補者が繰り広げる6か月間の熱い戦いを通して、この国の選挙、そして社会について考える。

<Director’s comment ディレクターからのコメント>

Hiroshi Wada / 和田 浩ディレクター

“I really want to give back to Osaka and Japan.” said Nishantha, a native of Sri Lanka, Kansai dialect. I first met him early one morning in front of a train station in Osaka City as he made his pitch to voters. A women approached him and asked, with no hint of offense in her voice, “Why is a black man running for office?” When I saw him answer with a smile, I realized the struggles foreign-born candidates face and the obstacles they have to overcome. Even so, Nishantha said he wanted to become a member of the Diet. I felt sympathetic and wanted to make a documentary about him as he made his appeal for “multicultural society,” and tried to eliminate the widening disparities in Japanese society. I hope that this program will be a catalyst for people to think about Japan today.

「ホンマに大阪に、日本に恩返ししたい!」。
流暢な関西弁で話すスリランカ出身のにしゃんたさん。初めて会ったのは、大阪市のある駅前でした。来たる選挙戦を見据え、朝早くから有権者にアピールしていたのです。その時「なんで黒人が、選挙に出るの?」と悪気なく聞く大阪のおばちゃんが…。でも、笑顔で答える姿を見て外国出身の候補者が抱える葛藤と乗り越えなければならない壁を知りました。 
それでも、国会議員になりたいと言うにしゃんたさん。「多文化共生」を市民に訴え、日本で広がる格差社会を無くそうとする姿に共感し、私はドキュメンタリー番組にしたいと思いました。この番組が、今の日本を考えるきっかけとなればと願っています。

  • Title / タイトルMy Election Campaign
    私が立候補した理由~元外国人の選挙戦~
  • Broadcaster / 放送局Mainichi Broadcasting System, Inc.
    毎日放送
  • Production year / 制作年2019
  • Duration / 分数50 min.
  • Director / ディレクターHiroshi Wada
    和田 浩
  • Informaiton / その他情報Narrator: Tomoko Tabata 
    Camera: Hiroshi Kawano
    Assistant Camera: Yuya Tomishi
    Editor: Hiroki Yamauchi
    Sound Engineer: Tokuro Tanaka
    Sound Effects: Kimihiko Sato
    Title Design: Misaki Kinoshita
    VTR Operator: Saburo Tsuyuguchi
    PR: Yuko Watanabe
    Director: Hiroshi Wada
    Producer: Masaharu Okuda

    ナレーション:田畑 智子
    撮影:河野 仙志
    助手:冨士 裕哉
    編集:山内 博貴
    録音:田中 徳朗
    音響効果:佐藤 公彦
    タイトル:木下 実咲
    VTR:露口 三郎
    宣伝:渡辺 優子
    ディレクター:和田 浩
    プロデューサー:奥田 雅治 

team ”N” About Us : nishan.jp

講演会へのご依頼・お問い合わせはこちら