トップページ

  • お問い合わせ
  • 羽衣国際大学
  • 日本赤十字社
  • にしゃんたの本
  • にしゃんた ブログ
  • にしゃんたTwitter @nishan_tha
  • Mr.アジアにしゃんたの東方見聞録

■ にしゃんた講演に対するご意見や感想など(一部) ■
--------------------------------------------------------------------------------
<講演主査者から>
お人柄、内容、テクニックなど飽きのこない90分間でした。にしゃんたさんの作り出される雰囲気で、ずっと笑顔の時間であったと思います。内容は決してわかりにくいものでなく、とても説得力があり、視点を変えるだけでものの見え方や考え方がずいぶんと違うものだと感心しました。
--------------------------------------------------------------------------------
<講演主査者から>
満足・感動。お人柄もよく、楽しい話の中にもしっかりと“テーマ”にからむエピソードを入れて頂けた。
--------------------------------------------------------------------------------
<講演主査者から>
お話は非常に上手で、上手に男女共同参画に話を持っていって頂きました。噺家さんやタレントとしての活動もあって、話も大うけでした。
--------------------------------------------------------------------------------
<講演主査者から>
多くの参加者からよかったとの感想が寄せられた。3年前に、にしゃんたさんの講演を聴き、よかったので今回企画した。満足できるものであった。人権講座の位置づけで、外国人の人権について学ぼうと考えて企画した。にしゃんたさんの実体験を交えた、軽妙なトークで人権問題についても理解しやすかった。関係者の皆さんに推薦したいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
<講演主査者から>
外国人の目で見た日本を、さまざまな観点から捉え評価し、私達日本人が気づかなかった習慣、文化、人権感性についてエピソードや笑いを交えユーモラスに講演され、受講者の反応は良く、次回も聞きたいとの回答が多かった。人が人間らしく生きていく上で、国や環境や人種は問題ではなく、人として最も重要視しなければならない問題として、その人の人権を尊重することが、いかに大事なことであるか再認識した。本来、硬い話が多いと思われている人権について、分かりやすく、ユーモアを交え独特の話術で、講演時間が短く感じられ、すばらしい講師であった。とてもよかったです。また聴きたいという声も多かったです。
--------------------------------------------------------------------------------
<聴講者:一般成人>
・笑いながら、うなずきながら、「違いを認める」ことの大切さを教わりました。今日の講演会に参加してよかったです。ありがとうございました。
------------------------
・わかりやすい講演で、楽しく聞けました。
------------------------
・笑いの中に体験談があり、とても楽しく聞くことができた。
------------------------
・勉強になりました。
------------------------
・とても大切なことや意味深いことを、わかりやすくお話しいただきありがとうございました。
------------------------
・にしゃんたさんのこれまでの生き方に感動しました。
------------------------
・外国人から見た人権の話を聞いて、今後、地域での活動に役立てたいと思います。アーユボーワンです。
------------------------
・堅苦しいはずの講演会を明るく楽しく話していただき、ためになるお話しがすんなり聞くことができ感謝しています。ありがとうございました。
------------------------
・生活習慣や文化の違いを受け入れて共笑していくことは、とても難しいと思うが、できたらいいなと思います。自分の心構えを変えるだけでも豊かな人生になるのか なと思いました。
------------------------
・テレビで見るにしゃんたさんとはまた違った一面を見られて、楽しい勉強になりました。
------------------------
・考えさせられる事がたくさんあった。
------------------------
・わかりやすい話でよかった。的を得た話で感動した。多様性、多文化について改めて重要性を認識した。
------------------------
・すごく楽しくてわかりやすかった。
------------------------
・話がわかりやすく面白かった。
------------------------
・ご自分の経験を通しての話が沢山あり、大変説得力がある内容でした。テーマが良かったし、講師がすばらしい。
------------------------
・ためになるしおもしろかった。
------------------------
・とても解り易く、話しの構成が聞き易かったです。時間が短く感じられた。内容が深く、聞き易かったからだと感じました。
------------------------
・分かり易く心にすっと届く言葉で語ってくれたので、持ち帰って広げていきたいと思いました。
------------------------
・“多様性”がよく分かった。
------------------------
・よい話が多くあった。
------------------------
・日本人以外の苦労等ためになった。
------------------------
・“アーュ・ポーワン”
------------------------
・外国人から見たいろんな話しや考えを聞く事ができて良かった。
------------------------
この講演会で、印象に残った内容はどのようなことですか。 
------------------------
・「違い」を肯定的に捉えて、力にすることを学びました。とてもいい内容でした。 ありがとうございました。
------------------------ 
・「共笑」が印象的でした。 
------------------------
・「違いしか周りにはない」ということ。そのことを悪く受け止めがちで、自分は周 りと違うから人と関わるのは苦手と思っていたけれど、「いいこと」と捉えてくれ る人が増えれば生きやすいと思いました。 
------------------------
・違いをたくさん受け入れ、新しい自分を作り上げていく。
------------------------
・人権とは他人のためではなく、自分のため。自分の持ち合わせている権利である。
------------------------
・楽しい話の流れの中で「違い」の扱い方や考え方の新たな方向性を示していただき、 大変面白く聞くことができました。 
------------------------
・違いの見える化がとてもわかりやすかった。また、「違い」しかない世の中である ことを前提にして物事を考えていくという思考の仕方は、日本人にはあまりないこ とだと感じた。学校は同じであることをよしとしていることが、日本人としての気 質である。一方で多文化共生の世の中に対して、それでよいのかという不安を感じ た。 
------------------------
・「共笑」初めて聞きました。これから生活の上で活かしたいと感じました。 
------------------------
・違いを受け入れ、変化する。「共笑」できるように心・ことば・制度の壁を壊して いけるよう日々を過ごしていくこと。 
------------------------
・「共笑」を心がけていきたいです。 
------------------------
・「共笑」とてもすばらしいと思った。そこでみんなで生きられるようにしたい。 
------------------------
・「共笑」私も目指すことにします。
------------------------
・違いを受け入れ、変化することが大切といのが印象に残った。受け入れても変化し ないのはすみ分け。確かにそうだと思った。すみ分けでは、本当に受け入れたこと にならず、差別が残ることになる。身の回りの人間関係の中でも日常でいろいろな 違和感があるが、受け入れて自分を変化させてみること。人権尊重につながると思 った。ありがとうございました。 
------------------------
・プラチナの法則。今まではあまりにも自分中心であったなと思いました。相手がど う思っているのかな、と考えることが大切だと感じました。 
------------------------
・いきなり「共笑」を達成するのは難しいでしょうが、自分の周囲がどこにあるのか を考えていく必要があるなと考えさせられました。楽しく考えさせられ、すばらし い講演だったと思います。
--------------------------------------------------------------------------------
【中学1年生】
・先生の講演とても面白かったです。そしてとても分かりやすかったです。私の中の違いという言葉のイメージを180°変えられた感じがします。これからは、人と自分の違いを楽しみたいです。
------------------------
・自分の思い込みで決めつけてはいけないと思うことができました。「共笑」という言葉はよい言葉だなと思いました。
------------------------
・私もクォーターで、祖父が韓国人で、友達から「クォーター」と言われると、嫌な気持ちになったりするけれど、割り算ではなく、かけ算だと考えると嫌ではなくなりました。今日は、良いお話をありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------
【中学2年生】
・今まで特に違いを受け入れるということを、意識していなかったのです、今日考えることによって相手と自分の両方が「共笑」の状態になっていなかったことが多いと感じました。それが考えられた良かったです。ありがとうございました。
------------------------
・「違い」との関わり方に関して四種類あり、「共笑」が一番良い選択だということが子こり残りました。丁度一年前に私はスイスにいて、違いとの関わり方をずいぶん悩みました。この経験を生かして、「共笑」の人間になりたいです。
------------------------
・言葉のボキャブラリーが豊富で驚きました。私もにしゃんた先生を見習って、フランス語と英語をもっと頑張ろうと思います。そして、これを機に様々な他奥との共通伝、相違点を見つけてみたいと思うことができました。
--------------------------------------------------------------------------------
【中学3年生】

・すごく面白くて楽しい講演をありがとうございました。とても、お話が面白くて、楽しく、異文化への理解を考えることができました。ぜひまた来てほしいです。ありがとうございました。
------------------------
・「共笑」という言葉が心に残りました。違いを受け入れるだけでなくそれによって自分自身が変われるような人になりたいと思いました。
--------------------------------------------------------------------------------
【高校1年生】

・日本という社会の中にいてはわからないことをたくさん教えてくださり、ありがとうございました。視点を広く持ってたくさんことを見て共笑していけたらと思いました。
------------------------
・楽しい例え話をまじえてグローバル化について話をして下さり、おもしろくて興味を持つことが出来ました。もっと海外の人との関わりを持ちたいと思いました。ありがとうございました。
------------------------
・人は生きていく上で、ともに笑いあい成長していくことでよりよい世界ができていくということを改めて感じました。

--------------------------------------------------------------------------------
【高校2年生】

・モーニングcrossを毎朝見ていて、にしゃんたさんのお話も毎回興味深く拝聴しています。今回、生でお話を聞くことができて嬉しかったです。また是非カリタスにいらしてください。
------------------------
・私はこれから留学へ行こうと考えていて、その時に、にしゃんた先生の「違いを受け入れて敬意を払い楽しむ」という言葉を思い出したと思います。ありがとうございました。
------------------------
・「共笑」という言葉は本当に良い言葉だと感じました。国と国の文化や言葉の違いはもちろん、友達間や夫婦観、家族観でも違いを受け入れ、変化していくことができたら良いなと思いました。みんながそうなれたら、「平和」な世界になれると思います。
--------------------------------------------------------------------------------
【高校3年生】
・今回のお話はグローバル化するにあたって、人として生きるその生き方や原点を改めて確認するとても良い機会となりました。「共笑」する世界を目指して頑張りたいと思います。ありがとうございました。
------------------------
・日本人では、当たり前すぎて通り過ぎてしまうような、基本的だけど核心的な重要なところに気づかせてもらってありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------
【大学生1―4年】
・今回、とても素敵なお話を聞くことができて、とても勉強になったし、とても面白くて、素晴らしい日になりました。私はこれからも、たくさんの人と関わりママ機会があるので今日学んだことを生かし、みんなが笑える社会創りをして行きたいです。ありがとうございました!!
------------------------
・最近みんなと違う意見を言ったり、自分のやりたいことをやったりすると周りの偏見を気にしすぎて壁を作ってしまうことをよく聞きます。しかし共に笑うこと(共笑)によって今まで作ってきた壁を無くして自信を持ってさまざまなことに挑戦できるし、自分らしい人生を楽しむことができると実感しました。
------------------------
・今日の講演を聞いて、自分の中の視野を狭くしているのは、自分だと思いました。これからはもっと色々な違いを受け入れる為に、多文化についてもっと知りたいと思いました。また、多国ママの文化を受け入れることによって自分自身が成長できる事が学べたと思います。
------------------------
・今日の講演を聞いて、自分の中の視野を狭くしているのは、自分だと思いました。これからはもっと色々な違いを受け入れる為に、多文化についてもっと知りたいと思いました。また、多国ママの文化を受け入れることによって自分自身が成長できる事が学べたと思います。

------------------------
・今日の講演を聞いて、自分の中の視野を狭くしているのは、自分だと思いました。これからはもっと色々な違いを受け入れる為に、多文化についてもっと知りたいと思いました。また、多国ママの文化を受け入れることによって自分自身が成長できる事が学べたと思います。
------------------------
・今日の講演を聞いて、自分の中の視野を狭くしているのは、自分だと思いました。これからはもっと色々な違いを受け入れる為に、多文化についてもっと知りたいと思いました。また、多国ママの文化を受け入れることによって自分自身が成長できる事が学べたと思います。
------------------------
・にしゃんた先生の話もキャラクターもおもしろかった。テレビに出ている姿も見てみたい。国同士という考え方出なく、人間同士という考え方をしたいと思った。
------------------------
・にしゃんた先生の話もキャラクターもおもしろかった。テレビに出ている姿も見てみたい。国同士という考え方出なく、人間同士という考え方をしたいと思った。
------------------------
・すごくおもしろかったです。おもしろいだけではなく、ためになるお話を聞くことができました。これからの人生にやくだてたいです。
------------------------
・自分が日本に来た頃からの話を、楽しく且、深く話していただき、ありがとうございました。うなずき方にとても驚きました。“共笑という言葉は初めて聞きましたが、とても良い意味だなと感じました。“共という漢字にはとても深い意味が込められていて、片方だけが笑ったり楽しむのではなくて、共に笑い、楽しむ事が大切であることを学びました。だからまずは、受け入れることが大切なことだと感じました。
------------------------
・浜松のブラジル人の話を聞いて、私の住んでいる地域にもブラジル人が住んでいて、ブラジル人が営業している店があることを思い出しました。でもなにか怖いような感じがしていて入ったことがありませんでした。しかし、なにか少しでも会話してみるのは大事な気がしたので行ってみようと思いました。
------------------------
・共生ということが同化、排斥、すみわけに落とし込まれてしまってしまうママことがあるんだなと思った。ただ、受け入れるだけではなく、受け入れてどうしていくかが大事だと思った。
------------------------
・とても明るい方で元気におもしろく話してくださって、聞くことがとても楽しかったです。スリランカ出身の方から見る日本は文化の違いがやはりあるんだなと感じました。国際的に広い視野で物事を考えていて素晴らしいと思いました。良い講演を聞くことができて良かったです。“共笑という言葉が印象的でした。
------------------------
・話がおもしろくて、集中して聞けた。これから大学を卒業するけど、環境の変化を受け入れられるようになりたいと思った。「共笑」することができるように心を広く持って、常識にとらわれない生き方をしたいし、そういう目標ができた。本当に為になった。他の文化を受け入れることは難しいけど、これからは自分の意見を押しつけずに相手のことをもっと考えようと思った。
------------------------
・講演中、たくさんの面白い話、ジョークをまじえて話していただけたので、終始聞いていて楽しかったです。右上のグラフ(略)がとても分かりやすくて、さまざまな例を挙げて理解できました。
------------------------
・共笑。人と人との違いは大切にすべきだと思った。また人と人の違いを大切にするために“ことばや笑顔を使っていきたいと思った。
------------------------
・今回の講演を聞いて、現在の問題がどうしておこってしまっているのかわかることができました。今後どんな社会にしていくことが必要なのかを考えながら、色んな事を吸収していきたいなと思いました。
------------------------
・「郷に入らば郷に従え」という言葉をよく聞きますし、自身の考えの一つだと思っていましたが、相手だけに変化を求めるのはいけないことだと思いました。
------------------------
・スリランカの話と思って参加しましたが共笑について知ることができ良かったです。保育の学生にも必要な知識だと思いました。
------------------------
・落語をやってたこともあって話しもおもしろかったし聞きとりやすかった。普段の講義では聞くことのないこれから社会に出る時に役に立つ知識をつけることができた。英語を学んでいるので共笑できるよう努力したいと思った。講師の先生の経験や知識を共有できてよかった。私にとってとても価値のある講義だった。
------------------------
・人の話をうなずいて聞くことはとても大切だと分かった。違いという言葉の意味には悪いイメージもあると思っていたが、受け入れて変わっていく事も大切だと思いました。また、スリランカのうなずきは首を回す(?)という表現で、OKなのかくみとるのはとても難しいなあと思いました。
------------------------
・最初の日本人はよく他の国から来た人たちを排斥しようとする所がある、それではダメだから、まず自分から『共笑』できるように三つの壁を無くし、プラチナの法則をとりいれていこうと思います。
------------------------
・にしゃんた先生の授業は、『世界一受けたい授業』でスリランカ人は「はい、分かりました」といううなずき方を拝見したことがあります。国際交流ってただ単に使わないし、古いってことに驚きました。民際交流は、楽しく共に教え合い生きるということに今の自分にもとても重要だと思ったのでこれからも将来共生などを大切にして行きたいです。
------------------------
・日本語で講演会をしてとても楽しかったです。私より難しい日本語を知っていて、あまり聞いた事ない日本語を話していてとてもすごいと思いました。日本でたくさんの海外の人が住んでいる中、すみわけされているということに驚きました。ハーフをダブルということを初めてききました。国と国とではなく国民の交流が大切だと思いました。
------------------------
・にしゃんた先生が言っていた同化、排斥、すみわけは私もなるほど!っと納得しました。今後日本でも世界のどこでも変化することを受けいれる体勢がととのえばいいなあと思います。
------------------------
・自分の体験を入れながらとてもおもしろく話していてわかりやすくて楽しかった。共笑。
------------------------
・同化、排斥、すみわけ、この3つは良くない。特にすみわけはもったいないと思いましたし、私もブラジル国籍であるからこそ、ひしひしと感じています。ブラジルの人はとてもようきだからちょっとうるさいなと思われていると思うんですけど、とても良い人ばっかりだから、もっと日本人とブラジル人は仲良くするべきだなと思います。生まれつきハーフにはなれないけど、これからの人生でハーフのように新しい言語を習ったりはできるからそれは確かにそうだな!と思いました。
------------------------
・スリランカのうなずき方が独特だった。共笑。共に笑う。関西弁がすごい良かった。おもしろい。
------------------------
・常に変化と多様性を受け入れる姿勢を持っていたいと思いました。
------------------------
・共笑:ともに笑う。世界は違いしかない。違いを楽しむことが大切!すごくおもしろい先生だった。世界、人の違いが大切なのは知ってたけど、今日はとてもくわしく教えてもらった。すごく勉強になったし将来にやくにたちそう。
------------------------
・共に生きるだけではなく、変化に対応し、受け入れる→共笑(ともえ)が必要。3ぽママよし→相手、自分、周り。国だけで見るだけでなく、民際が大事だとわかった。国の中を見る。
------------------------
・この学校にいるネイティブの先生よりも日本語がりゅうちょうで日本人のような、それよりも難しめの内容で、大阪のふんいきで楽しくかつしゅうちゅうすることができました。内容や話し方でテレビに出演したのもなっとくができました。「共笑」という言葉にハッとさせられ、こんな言葉を生み出せて、日本人よりも日本人のことを知っているんじゃないかと思いました。私もハーフだから、これからダブルと言おうと思います。日本に住むことについて親は反対しましたか?私の親は将来必ず実家に帰ってくることを望んでいます。私は遠くへ行きたいです。反対されていたら、どうやって日本に住むことをせっとくしましたか。 
------------------------
・日本に外国人が観光として訪れる人が多いけど、日本人と一緒に会話している機会が少ないのでお互い尊重し、より海外と親密な関係でいれるように共に楽しみ、共に生き、学び合って笑顔で生活していくことが大事だと思いました。私は海外でたくさんの外国人の友達ができ偏見や差別はないので、外国人の友達と仲良くすることで、自分の良さや存在をより知り見つめ直す機会ができると思います。今回の講演会で改めて異文化の違いや向き合い方について学ぶことができました。
------------------------
・共に笑うことのできる時間だった。
------------------------
・話がとてもおもしろく聞き入ってしまった。日本にはまだ外国人に対する差別が根強く残っている。鎖国だの、島国だの、訳のわからんことを日本人は言ってないでもっと国際共生に目を向けるべき。
------------------------
・各国、各地域にある文化を変えたり消すことなく、受けいれ共に共存させることができると教えていただきました。今日お聞きしただけでも初めてお聞きすることが多く例えば神様は全員が全員日本人ではないということ、つまり日本人は知らず知らず他国、他地域から受け入れた事柄を自分たちの文化として取り入れ利用しているそうです。私はこれからも日本人以外の方々とお話や行動をしたいと思っています。その時は今回お話しを聞いて学んだ「共笑」をしてみようと思います。
------------------------

TOPへ戻る